本当日記

 

最近のまとめを書こうと思います。

 

やっと客観視の客観視みたいな、鳩尾がぞわぞわするような感覚も無くなってきて、色んなことがストンとあるべき所に落ち着くような気がします。本当に、色んなことが。それはとても良い師匠に会えたり、特殊な感覚を持つ良い友達を持てたり、本当に色んな複合的な要因がバランスよく収まってくれたからです。

 

なんだか今は、変に焦りすぎたり速く走ろうとしたりし過ぎなくても良いような気分です。人生のなかでは、本当に頑張らないといけない時もあるんだけれど、その他の時間は色んなことを嗜みつつ楽しもうっていう感じです。それは私の師匠が教えてくれたことです。私の師匠は音楽だけじゃなくて、人生の楽しみ方も教えてくれました。きっとこれから、本当に頑張らないといけない時に師匠の言葉が僅かな光をもたらしていつまでも奥底を照らしてくれていると思います。

 

もちろん、私はいきなり私が好きになった訳では無いし、好きじゃない部分も沢山あって時々しんどいなって思うこともあるけれど、好きじゃない部分もまあそれはそれで可愛いかなって思えるぐらいには大人になったと思います。苦手って多分克服するものじゃなくて、上手に付き合っていくことなんだなって体感的に分かってきて、そう思うとこの2年ぐらいのグズグズもそんな悪くは無いのかなって思えます。

 

こうして私は晴れて普通の人になれたわけです。普通って本当はすごいことだと思うのです。激戦をくぐり抜けて常にトップを走り続ける人も私は尊敬するけれど、当たり前のものが当たり前にあるすごさも最近は尊敬出来るような気がします。モーツァルトの曲の、語尾につく小さな装飾音符を愛でながら可愛がって弾くように、そこにある小さくて可愛い当たり前を大事にしたいと思います。

 

今、とても静かです。本当に、色んなことが。ありがたいのです。