C'est la vie

新大陸の湖畔

 

ふとした瞬間に思ったことなので、手短に書きます。

 

 

高校の時にお世話になった先輩が私が受験の頃に病気で死にました。

絵に描いたような、いつも笑顔の絶えない素敵な人でした。

受験のためにお葬式には行けませんでした。

兎に角早く電報を打ったのは覚えてます。

 

お別れをしなかったから、その人が死んだなんて実感も湧きません。

でも、電車に一人揺られていて分かりました。

ああ、死んだんだな。もう会えないんだ。

 

東京駅ですれ違う人達の事を想う。人生でもう二度とは会わない数々の人達のこと、思いを馳せて見るけれど、会わない。会わないと死んでいるも同然。会わない。

 

君は生きている。また明日も会える。すごいことだ。