C'est la vie

新大陸の湖畔

ランドセルと革靴

電車に乗る。

 

私がいたすぐそこが遥か向こうに離れていく。この道は海をぐるっと囲んだ。今見ていた景色がゆらゆらと方向を変えて違う世界に変わっていく。壊れたビンが光を吸ってきらきらと輝いていて、それを宝石みたいだねって言い合ってはしゃいだ。