C'est la vie

新大陸の湖畔

第一フェーズとしての発見と思考

 第一に「まずは人のせいにしてみる」

 

ここ最近立て続けに私自身が蒔いた不幸の種が時期を見計らったように一気に花咲かせている。自分の甘さだとか、融通の利かない真面目さとか、こうして今も必要以上に自分を卑下してしまう癖とか、長年頼ってきた全てにおける思考回路はなかなか心機一転して前進させられない。それもこれも私の大事な人たちがかなり冷静に私のこと見てくれて、助けてくれているからこうして今はただ辛うじて生きている心地を確かめられる。

いつもだったらまた「やってしまった」と思うだけなのかもしれない、と思うとゾッとする。ついに外からぐっさり刺されてしまった今、どうも今回の事件に通底する要素として考えられること、それは考えるピントがずれていたことのように思う。

自分のことになると何でこうも冷静に見れないんだろう、とか、相手に多少の非があっても謎の謙虚モードが発動して全て自分が悪いんだと抱え込もうとする癖とか、とにかく相手を詰るという意思そのものが欠落しているのかもしれない。それはここまでぬくぬくと温室育ちで成長してしまったからかもしれない。あーん分かんないよー、助けてどらえもーん、といった次第。

考えすぎだよ、と言われた次の日には考えが足りないと言われてキレそうになるのも、多分きっと考えるべきピントがずれているからそういわれるんだということも最近少しずつ分かった。

誰かに昔、「人の顔色伺いすぎ」って怒ったような気がしたけれど、あんなの全部ブーメランで自分だっていつだって誰かの顔色伺っている。自分が色んな事をやりやすいように周りの環境を「波風を立たせない」という目的で顔色伺ってたけど、いつの間にか顔色伺うことが目的になっているのは怖い。私、いつの間にこんな縛られていたんだっけ。あれ。

 

上記とは別の話として。

間違いとか失敗をなんだか過剰に恐れているような気がして、今回の第一フェーズ「人のせいにしてみる」を反映させるとするならば、それは紛れもなく私の親と母校にある。やっぱり昔から「後ろ指刺されるようなことはするな」「出る杭は打たれる」とか言われてきたのは言われてきたし、母校だって「正しい道を歩く歩き方」を教えてくれたとは思う。そこらへんはき違えると変に保守的になるし、現に自分から出た錆をちゃんと掬って背負っていく責任みたいなものは、私には少ないのかしらと思う。

 

次になんで人のせいにするのが嫌なのか考えてみる。人が誰かのせいにしているところを見るのはそこまで苦痛じゃないのに、いざその立場に回れば途端に嫌気がさす。誰かのせいにしている自分がカッコ悪すぎて受け入れられない。結局はカッコつけのために色々と余分な荷物をしょい込んでいるのかな。全部自分が背負ったら状況がましになるとでも本気で思っているのかな。他との同調の世界が居心地がよくて、反発がそこまでいけないことなんだろうか、本当に。

 

ここまで少し長く整理してこう変わりたいって書いてみたつもりだけど、事態は一向に良くなる感じは正直あまりなくて、ここまでくると自分に対して実は口だけで本当にそう思ってないんじゃないの?と疑問を投げかけたくなる。

 

 

終わり