C'est la vie

新大陸の湖畔

顕微鏡でズームばっかりしてるから

音楽に意味なんてないのに、そんな空っぽな自分を守りたがるのは何故なのだろう。ただ好きなだけなのに、こんなに傷ついた気持ちになるのは何故なのだろう。

 

バンドによくある音楽性の違いによる解散とか言うやつは意外とバカにできないことが分かるし、相手の音楽性を考慮した心理戦はもっとバカにできない。

細やかな心づかいだとか、相手の主張をやんわり諌めながら自分の主張を伝えるだとか、高等テクニックすぎて私には。

 

核心を突く行為はいささか色気がないのは分かっているがなんせ時間が余裕を許してくれない気がして。

 

でもそんなごちゃごちゃした柵を忘れられる瞬間も不意に訪れる。その時は本当に満たされたみたいに幸せな気持ちになるし、明らかに空気が変わるのが分かる。

 

良いことしか目に行かない幸せな人になりたいのに。

今が恵まれ過ぎていることも、分かっているつもり。つもり、ね。